オルニパワーznプラスが肝臓にもたらす働き

MENU

オルニパワーznプラスが肝臓にもたらす働き

オルニパワーznプラスが肝臓にもたらす働き

オルニパワーznプラスには、オルニチンと、亜鉛といった肝臓にとって良い影響を与える成分として代表的な成分を、どちらも含んでいる肝臓サプリメントになります。オルニチンは、肝臓の三つの大事な機能となる、解毒と、胆汁の生成、代謝の中でも、疲労感に直接結びつく解毒の機能を強化してくれる効果が期待できます。直接疲労感に影響を及ぼす物質はアンモニアが挙げられます。

 

アンモニアは人間の身体にとって強い毒性がある物質になります。本来であれば、肝臓の解毒機能により、アンモニアが身体の中で無毒化した物質に変化させてくれます。ところが、肝臓に負担がかかる生活を送っていると、肝臓の解毒機能は、本来の能力を発揮することができず、アンモニアの毒性が無くならずに、そのまま身体の中に蓄積されていってしまいます。

 

これが疲労を感じる原因になります。オルニチンは、身体にとって毒となるアンモニアを解毒してくれるオルニチンサイクルという機能のいわば燃料の役割を果たす成分となります。オルニチンの作用によって、オルニチンサイクルの働きが活性化されて、たとえ非常に疲れていたとしても回復しやすく、翌日に疲れを持ち越さない身体を作り上げる効果を期待できます。

 

オルニパワーznプラスには、非常に豊富な量のオルニチンが配合されています。しじみは、オルニチンが豊富に含まれている代表的な食材ですが、しじみ100グラムの中には、およそ15ミリグラムぐらいのオルニチンを含んでいます。

 

一杯分のしじみの味噌汁には、およそ50グラムぐらいのしじみが入っているのが一般的なので、一杯分のしじみの味噌汁に含まれているオルニチンの量は、およそ7ミリグラムぐらいということになります。

 

オルニパワーznプラスにはオルニチンが、800ミリグラムも配合されています。この、800ミリグラムのオルニチンの量というのは、しじみで換算してみると、およそ5,000グラムぐらいの量に相当することになります。一日あたりのオルニチンの摂取することが望ましい目安の量は、およそ400ミリグラムから1,000ミリグラムぐらいになります。

 

オルニチンは必要以上の量を摂取してしまったとしても健康に良くないということはないため、オルニチンを摂取すれば摂取した分だけ、肝臓の機能を向上させることが可能になります。オルニパワーznプラスは、解毒機能があるオルニチンの成分だけでなく肝臓にとって大切な亜鉛も含まれているサプリメントになります。亜鉛が肝臓に良い理由は、アルコールを分解するときに必要となる成分であるということです。

 

アルコールが含まれているお酒を飲むと、身体の中にはアセトアルデヒドという物質が増えてしまいます。アセトアルデヒドは人間の身体に人体にとって非常に強い毒性がある物質になります。このアセトアルデヒドの強い毒性を解毒して、無害化させてくれるのも肝臓の大切な機能の一つになります。

 

アセトアルデヒドの解毒をするときに燃料の役割を果たすのが、亜鉛の成分になります。アセトアルデヒドは肝臓が解毒する機能により、酢酸という身体に害がない物質に変化させてくれます。

 

この酢酸に変化するときに亜鉛が使われる訳ですが、充分な量の亜鉛が身体の中に存在していないと、アセトアルデヒドの持つ毒性が分解されない状態のまま残ってしまい、そのアセトアルデヒドの毒性によって身体の中の細胞が損傷してしまいます。

 

肝臓はおよそ1.5キログラムもあり、人間の身体の中で一番重たい臓器になります。人間の身体は1キログラムあたり、およそ1兆個ぐらいの細胞が存在するとされています。そのため肝臓だけでおよそ1兆5千億個ぐらいの細胞があることになります。

 

肝臓は血液をろ過する装置と呼ばれるぐらい血液が流れ込んでくる量が多い臓器で、1日あたりで、およそ2,200リットルぐらいの量の血液が絶え間なく流れ込んでいます。アセトアルデヒドの毒性が分解できないまま血液の中に、ずっと留まっていることによって肝臓の細胞はダメージを受け続けることになります。肝臓の細胞がダメージを受け続けると、やがて肝臓の細胞が減っていき、肝硬変を引き起こしてしまう可能性があります。

 

亜鉛の成分をしっかり摂取することによって、アセトアルデヒドが分解する働きが促されて、肝臓の細胞が受けるダメージを抑えて、肝硬変を引き起こす危険性を防いでくれます。肝硬変を治療するためには亜鉛が活用されるほど高い効果を期待できます。アンモニアの毒性を無害化するときに消費されるのはオルニチンだけではなく、亜鉛の成分も燃料の役割を果たして消費されます。

 

アンモニアの毒性を無害な状態にするときに必要になるは肝臓の代謝という機能の働きによるもので、解毒されるのは代謝の結果ということになります。代謝の機能を促進させるのは、OTCという肝臓の細胞の中にある酵素になります。このOTCという酵素の作用を活性化させるのが亜鉛になります。

 

オルニパワーznプラスが肝臓にもたらす働き

 

 

 

関連ページ

肝心要の健康習慣レバリズム-L
現代人はお酒のお付き合いも多いですし、断れない飲み会が続くこともあります。そうなるとどんどん疲れが蓄積していって、披露に悩んでしまうかと思います。そんな疲労回復に悩む人におすすめの健康習慣レバリズム-Lの特徴やメリットなどをわかりやすく解説しています。
海宝の力って何ですか
年齢のせいか、最近疲れがとれずらくなった…こんな悩みの原因は、肝機能が弱まる事によって蓄積される疲労物質によって引き起こされると言われています。こんなときにおすすめのオルニチンサプリメント、海宝の力の特徴やメリットなどわかりやすく解説していきます。